スマートフォンでご覧の場合は,画面の最下部にある「Desktop」をタップし,画面表示を切り替えていただくと見えやすくなります。

育児・家庭療育コース

粘土で表現された家族団らんの様子
家族 団らん(提供,photoAC)
この記事は約5分で読めます。

  オンライン「はてな」お悩み解決ルーム

こどもの成長を願わない保護者はいません。時には辛く,時には楽しく,やりがいのある育児。
だからこそ,当然,悩みだってありますよね。
その悩みは,こどもが成長するにつれ,大きくなったり,増えたりしていませんか?

それまでは,なんとも思っていなかったママ友とのお喋りの一時。
成長していく周囲のこどもを見て,「なんだかウチの子,ちょっと違うかも…」などと心配が重なり,ママ友の輪から自然と遠ざかってしまう。
例えば,このような経験をされた方もいらっしゃることでしょう。

周囲には言えない自分だけの悩み。そのお悩みをお話いただけませんか?
私たちスタッフは,そうした皆様が笑顔で育児に勤しまれることを願ってやみません。

(「鍛地頭-tanjito-」副塾長,育児・教育支援 こころのカウンセラー 住本小夜子)

「鍛地頭-tanjito-」の相談業務

育児・家庭療育に関するお悩み相談

このようなお悩みはありませんか?
  • 気持ちや行動の切替えがうまくできない。
  • 特定の音を極端に怖がり耳を塞ぐ。
  • 集団生活の中で,人間関係をうまく築けない。
  • 車や鉄道など,特定のものに強いこだわりがある。
  • 抑揚がない,リズムが不自然など,話し方が独特である。  など
対象

保護者及び乳幼児教育・家庭療育に関心をお持ちの方。老若男女を問いません。

相談内容

育児,家庭療育,保育所(園)・幼稚園での生活及び家庭生活などについてのお悩み

  • 保育所(園)・幼稚園と家庭との連携
  • 言語活用能力を基軸に据えた家庭教育の在り方
  • 生活リズム
  • 言語発達の遅れ
  • 気質・性格上の悩み
  • 食育
  • 兄弟姉妹関係
  • 自閉スペクトラム症等についてのお悩み(メンター的な機能など)

  主な担当者

小学校の運動会で撮影した母子の写真


副塾長 住本小夜子(育児・教育支援 こころのカウンセラー)
メンタルケア心理士®(心理カウンセラー)

訪問介護員2級養成研修課程修了
生活心理学講座修了
コミュニケーション・スキルアップ講座修了


  【家庭療育の必要性】


昨今,ADHDや自閉スペクトラム症など,神経発達症の診断を受ける人が増加しています。

こうした状況を踏まえ,現代の脳科学は,それを遺伝と環境という2つの要因による脳機能障害と捉える学説を唱え始めました。脳機能障害なのですから,改善もできれば,(改善ができるということは)予防もできると言う訳なのです。

私は研究としてのデータを持ち合わせてはいません。しかし,神経発達症は,確かに改善できるし,予防できると思うのです。なぜならば,実は,私の息子(小学校2年生)は軽度の自閉スペクトラム症の診断を受けてはいますが,ほんのちょっと改善の兆しがあるからなのです。

ですから,療育センター等との連携を綿密に図った家庭での療育はとても大切になります。

まず,改善できるのですから,保護者が真っ先に我が子の将来に悲観し,家庭での教育(療育)を怠ってしまうわけにはいきません。そこで,私は神経発達症についてたくさんの知識を獲得しようとしています。療育センターの医師との連携にしても,知識がないことには十分な連携は果たせないわけですから。しかも,息子の特性を正確に見抜く(見立てる)ことはできないのですから。

さらに,日常,できるだけ頻繁に息子と〈対話〉をするようにしています。正確に息子の特性を理解するためです。自閉スペクトラム症なのですから,周囲のこどもたちができても,息子にはできないことが多々あるのです。ですが,自閉スペクトラム症だからこそ,周囲のこどもたちにはない素晴らしい能力を持っているはずなのです。それが何か。それを見つけて,伸ばしてやることが親の務めだと思うのです。そのために,息子の行動観察と〈対話〉は必要なのです。

このような営為は,最も長い時間,息子の傍にいる私がまずやらなければならないことなのです。療育センターや学校,地域等との連携も必要なのですが,息子の生活基盤である家庭がしっかりしていないと,息子も不安感を抱いてしまいます。

そうした意味からも,家庭での療育はとても大切なのです。

  「鍛地頭-tanjito-」の関連BLOG

時間感覚を養うスケジュール管理―軽度自閉スペクトラム症の息子の場合―
毎朝の子どもの身支度,スムーズにできていますか? 軽度の自閉スペクトラム症である息子にはなかなか難しく,日々,試行錯誤の繰り返し。その原因は「時間感覚」の認知機能にありました。改変,改変を重ねた新たなスケジュールボード,アナログ時計,タイマーを使用して,時間感覚を養いながら,親子で楽しく身支度にチャレンジ!!
こどもを〈愛する〉ということ―障がい受容に視点を据えて―
保護者や教員等,大人の究極的な命題に「鍛地頭-tanjito-」が挑みます。その命題は「こどもを〈愛する〉ということ」。アプローチの視点を,これも意義性の高い神経発達症に関する障がい受容(特別支援教育(療育))に据えました。「鍛地頭-tanjito-」が語る〈愛の相(すがた)〉についてご批正を賜れば幸いです。
自閉スペクトラム症の息子のやる気を引き出すスケジュール管理
ある特定の領域に対する認知機能の低い長男(当時,小1)は軽度の自閉スペクトラム症。例えば,時間の管理はとても苦手で,毎朝の登校時,我が家はバタバタでまるで戦場。そのような我が家に朗報が…。それは,ある1冊の本との出会いでした。ホワイトボードを活用したスケジュール管理の実践をお伝えいたします。
生徒指導の三機能とメンタリングとの関係について
当塾はコーチングの概念をその一部に含んだメンタリングを推奨しています。コーチングには,特定分野の専門性は必要ではありません。しかし,メンタリングの必須条件は専門性です。当塾は教育者としての専門性を重視しているのです。本県生徒指導の先頭集団を走ってきた塾長には,「生徒指導の三機能」にメンタリングが二重写しに見えるのです。

次のご相談には応じかねます。

お申し込み時又はご相談中でもお断り申し上げますので,あらかじめご注意ください。
なお,ご相談を中止した場合でも,頂いたご相談料は一切返金いたしません

特定の者及び組織等への誹謗中傷など並びに当ルームが当ルームの相談業務に相応しくないと判断するご相談

※「お申込みフォーム」によりお申し込みを頂いた時点で,上述の注意事項にご同意いただいた
  ものと見なします。

© 2019 「鍛地頭-tanjito-」

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました