〈笑顔〉のために〈学び〉続ける!!

黒板の前に設置された教壇
黒板(提供,photoAC)
この記事は約5分で読めます。

昨日(令和元年9月25日(水))は,広国市民大学1)広島国際大学が運営している,学生や教職員だけではなく、地域や社会の全ての人にとって「ともにしあわせになる学び舎」。誰もが、一緒に学びあったり、教えあったり、集ったりしながら、健康で楽しい毎日を過ごすための活動の場として開学された。引用:広島国際大学ホームページの講座受講日でした。
そして,来週から,また新たな学びが始まります!!

 1 〈笑顔〉のためにできること

2019年4月。
広国市民大学に入学し,現在は大学生として勉強に励んでいます。

広国市民大学(広島国際大学)の学生証
広国市民大学(広島国際大学)の学生証

この,広国市民大学では,「こどもの発達」について,主に心理学的な側面から学んでいます。
今回のテーマは,「思春期の“厄介さ”は“こころ”の厄介さ」でした。

2019.9.25日 子ども未来コース応用編 (広国市民大学 子ども未来コース講座案内)
広国市民大学 子ども未来コース講座案内
於 広島国際大学 東広島キャンパス
2019.9.25日 子ども未来コース応用編 (広国市民大学 子ども未来コース講座のレジメ)
広国市民大学 子ども未来コース(応用編)講座レジメ
  • 思春期と呼ばれる時期が早くなっていること。
  • 思春期のこどもの気持ちや行動に対する大人の対応。
  • 「自我」と「自己」の違い

などなど,我が家ではこれから迎えるであろう思春期に向けて「なるほど!!」がたくさんの講座でした。

「思春期を迎えたこどもを理解しようとする親の体力は,相当なものです。」
と教授は仰っておられました。

その思春期を,家族で上手に乗り越えていくためには,乳幼児期からの親子コミュニケーションが大きく関係しており,〈優しさ〉と〈厳しさ〉のバランスが必要。過保護であってはいけません。

幼い時から,失敗や成功の体験→経験(体験の経験化)を繰り返し,その都度,こどもが自ら考え行動できるようにサポートするのが親の役目の一つ。親が「答え」を与えてしまうのではなく,「どうすればいいのか?」を考えられるような声掛けをしていくことが望ましい。これを繰り返すことで,問題解決能力の育成にもつながります。

そして,「鍛地頭-tanjito-」のブログ記事にもあるように,「こどもを〈認める(受け入れる)〉」ことが最大のポイントと教授も仰っておられました。なぜならば,一番身近にいる親がこどもを〈認める(受け入れる)〉ことは,こどもを信用している証であり,それによって,家族以外の他人を信用できるようになるからです。生育過程で親との信頼関係が構築されなかった場合,他人との信頼関係の構築は難しいのです。

むすこ
むすこ

母ちゃん,だっこして(ハグして)☆

さよこ
さよこ

はい☆

私は,息子の要望に対し,即時対応します。その様子を見ている娘も続けてやってきますから(笑),じゃれ合いなからハグをします。このちょっとした「ふれあい」が,こどもにとって「安心感」となり,こどもの自己存在を〈認める(受け入れる)〉ことで信頼関係の構築につながるのです。

ハグなんて,ほんの何秒かですよね? それを「あとで!!」とは言いません。こどもからの要望をすぐに対応できない状況ならば,「寝る前にやろう。」というように,就寝時間までの間に必ず対応するように約束します。約束したからには,守らないといけない!! 「やっぱり忙しいからできない」「明日ね」と約束を破ってしまうと,こどもはどのように感じるでしょうか? 大人への不信感を覚えることになりませんか?

「そんなの,忙しくていつもいつも相手にしていられない!!」と思っていらっしゃる方。それは,大人の勝手な言い分でしかありません。自分本位の考えで,こどもとの大切なコミュニケーションという限られた時間を無くさないでください。

「楽(たの)しい育児」は「楽(らく)な育児」であってはならないのです。

 2 〈新たな学び〉が始まる

今年は,深く密な勉強の1年だなぁ~と実感しています。正直,これまでの人生で,こんなに勉強をしたことはなかったし,こんなに学ぶことが「楽しい!!」と感じたこともありません。

  • メンタルケア心理士®:カウンセリング基本技法,精神医科学(精神医学)基礎,精神解剖生理学基礎
  • 広国市民大学:「子ども未来コース(基礎,応用)」,一般公開講座,子ども向け体験講座の受講
  • 広島教育相談研究会:「発達障害コミュニケーション指導者」資格取得講座の受講
  • 放送大学:心理学,教育学にかかわる放送番組(授業)の視聴
  • 他:心理学,教育,育児にかかわる専門書の濫読

まだまだ… まだまだ… まだまだ… まだまだ… まだまだ… です。
「あっ,そうか!」程度の知識ではダメ!!
もっともっと一つ一つを深く真剣に学び,自己を高めていきたい!!

この学びが,受講者様やクライアント様からつながるこどもたちの〈笑顔〉になるのだから。

ということで,令和元年9月30日(月)から,広島国際大学で授業科目を聴講できることになりました。

広島国際大学の授業科目
聴講希望した広島国際大学の授業科目

「教育学」と「防災・危機管理学」について,広島国際大学に在学中の皆さんに加わり一緒に学ばせていただきます。さらに学びを深められる環境があることに感謝して,若いパワーに負けないように(気持ちはまだまだ10代後半なので(笑))1限1限しっかりと学問に向き合っていこうと思います。

広島県東広島市に所在する広島国際大学の講義室からの風景
広島国際大学の講義室からの風景(撮影者 住本小夜子,2019.09.25

©2019 Sayoko Sumimoto

References   [ + ]

1. 広島国際大学が運営している,学生や教職員だけではなく、地域や社会の全ての人にとって「ともにしあわせになる学び舎」。誰もが、一緒に学びあったり、教えあったり、集ったりしながら、健康で楽しい毎日を過ごすための活動の場として開学された。引用:広島国際大学ホームページ
この記事を書いた人
アバター

「育児・教育支援 こころのカウンセラー」として「鍛地頭─tanjito─ 」の副塾長を務める。
息子(軽度自閉スペクトラム症+注意欠如・多動症(不注意優勢型))と,娘(定型発達)の子育てに奮闘するシングルマザー。
メンタルケア心理士®(心理カウンセラー),文部科学省後援こころ検定®2級合格,訪問介護員2級養成研修課程修了などの資格を有している。

住本 小夜子をフォローする
学問
日々成長!! みんなの〈笑顔〉を引き出す子育て実践ロク

コメント

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました