生活の中にある「学習心理学」

机の上に重ねられた本と,ノートや鉛筆
机の風景(提供,photoAC)
この記事は約4分で読めます。

夏休みが終わり、学校生活が再開しました。
息子の生活リズムがちゃんと戻るのか少し不安でしたが、今のところ全く心配はないようです。

さて、夏休み期間に取り組んでいた「お手伝いお当番さん」ですが、現在も続いています。

最近、息子も娘も進んでお手伝いをしてくれるようになり、息子が1番やる気になるのは料理です。

 

むすこ
むすこ

母ちゃん!! ぼくが手伝うよ!!


と、朝食づくりを手伝ってくれることが多くなりました。

 1 僕に任せて!!

先日、

 

むすこ
むすこ

僕がウインナーを炒める!!


と言って、張り切って台所に立っていました。

ふとみると、息子の姿に違和感がある…。
よく見ると、エプロンが前後逆になっている…。

お手伝いをする男児
朝食作りのお手伝いをする息子
さよこ
さよこ

これ、どしたん?


と息子に聞いてみると、

むすこ
むすこ

え? エプロンしとるんよ。いつも母ちゃんがしとるじゃん。

と言うのです。

さよこ
さよこ

なんか変じゃない?


と息子に問うと

むすこ
むすこ

え?


と言いながら、自分の状態を確認するのだけれど、不自然さに気づきません。
(軽度自閉スペクトラム症による、息子特有の認知感覚が影響していると思われます。)

ここで、エプロンをつける意味を一緒に考えてみました。

さよこ
さよこ

学校の給食当番の時もエプロンするよね? それはなんで着るの?

むすこ
むすこ

制服が汚れないように

さよこ
さよこ

じゃあこれ(息子が前後逆に着用しているエプロンを指差しながら)は、何のためにしているの?

むすこ
むすこ

…。あっ!! そっか!! 分かった!!

息子はエプロンを一旦脱ぎ、
「こういうことか〜」
と言いながら、前後逆になっていたエプロンを正確に着用しました。

お手伝いをする男児
朝食を作るお手伝いをする息子

 2 心理学的な側面からみる

実は、このエプロンによる一連の流れには、心理学的な学習が含まれています。

それは、学習心理学の分野にある「社会的学習」です。

「社会的学習」の習得は、2つの段階に分けることができます。それは、「模倣学習」と「観察学習」です。

「模倣学習」とは
  • モデルとなる人がやってみせ、学習者はそれを模倣し、上手くやれたかアドバイス(評価)を受けること。
  • 「模倣」とは、自分で作り出すのではなく、すでにできているものをまねること。
「観察学習」とは
  • 自分自身が直接体験しなくても、他の人の行動を観察することで、その行動を獲得するということ。
  • 厳密には、モデルと同じ行動を単純に取り入れる「模倣」と区別し、ある状態でのモデルの行動とその結果を観察し、モデルの行動そのものではなくそれらの因果関係を学習すること。

「お母さんに「エプロンをするのよ」と教わったので着用したら、服が汚れなかったので良かった」というのは、「模倣学習」

「お母さんが、料理を作るときにいつもエプロンを着用するのは、服が汚れないようにするためである。だから僕もエプロンを着用する。」というのが「観察学習」

どちらも必要な学習なのですが、「問題解決能力」を高めるためには、より後者が必要なのだと考えるのです。

さらに、模倣学習でもない「ただ単に真似ること」は学習ではないし、その人の自己成長であるわけがない。

指導する大人が「これいいかも」という発想で、種々の指導事例を単純にパッチワークすればするほど、当該の一連の指導には大きなブレが生じます。

ことば一つとっても、その語彙の定義を知らず、専門用語だからと安易に使用しているブログ等を見ると、残念だな〜と正直思います。
(この件については、別の記事にします)

自ら学ぶという姿勢があってこそ、相手に教える立場に立てると私は思います。

このエプロンによる学習で、また一つ成長した息子。こどもたちが主体的に学べる家庭環境であるために、親としてどうあるべきかを考えないといけないですね。

そして、おまけの寝相シリーズ。息子と娘のシンクロ率、99%です!!

姉妹で同じ寝相
シンクロ寝の兄妹

©2019 Sayoko Sumimoto

コメント

トップへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました