スマートフォンでご覧の場合は,画面の最下部にある「Desktop」をタップし,画面表示を切り替えていただくと見えやすくなります。

講座をはしごしています

重ねられた本の上にクローバー
本とクローバー(提供,photoAC)
この記事は約2分で読めます。
Pocket

今日は1日、大学での学習。

 1 こどもの発達について知る

午前中は、広国市民大学(広島国際大学 東広島キャンパス)で「子ども未来コース(基礎編)」を受講しました。

ここでのテーマは「うちの子どもは問題児?

講座の中で、神経発達症(発達障害)について学ぶ時間がありました。これは神経発達症のこどもが、「問題児」として誤って捉えられる現状があるためです。

「問題児」については、定義があります。しかし、種々の側面から指摘される表現であることも確かです。

本当に「こどもが問題児」なのか、こどもにかかわる「大人が問題」なのか…。現象だけを見て「問題児」というレッテルを貼るのは、自己中心的な主観でしかありません。

「問題児」を作り出すのは社会であり、人間関係の在り方そのものに問題があるのではないか。
という教授の言葉に、私も納得しています。

市民大学の講座で訪れた広島国際大学の東広島キャンパス
広島国際大学 東広島キャンパス

 2 学びの原点は「疑うこと」

そして、午後からは、広島国際大学の広島キャンパスに移動し、公開講座を受けています。

ここでの講座は「生涯発達心理学」を学んでおり、今回テーマは
小学校生活で子どもが学ぶこと」「思春期:子どもから大人への橋を渡る」の2本です。

公開講座で訪れた広島国際大学の広島キャンパス
広島国際大学 広島キャンパス

こうして取り入れた知識を、そのままアウトプットするのは、学び(学習)とは言いません。取り入れた知識を、どのようにして日常生活に生かせるのかを考えるのが学び(学習)です。

そして、学問の世界では有名ですが、「疑うことから学びが始まる」という学びに対する姿勢についての名言があります。

「A+B=Cだよ。」と教わったとしたら、
「なぜ答えがCなの?」
「なぜA+Bでないといけないの?」
「本当にこれで合っているの?」
と疑うことをします。

大切なのは、疑ったままで終わるのではなく、自分で調べること。また、調べる対象は1つではありません。

昨日も、心理学用語で不明な点があったので、専門書やインターネットなどで調べていました。調べていたものは、「モデリング」とは「模倣学習」なのか「観察学習」なのかです。

私の考えでは「モデリング=摸倣学習」なのですが、確証が持てなかったので、午前中の講座を受講した際に、教授に教えていただきました。

結論、「モデリングは模倣学習」。

学問を通して私が言いたいのは、なんでも鵜呑みにしてはいけないということです。

さあ、あと1時間。あれこれ疑いながら勉強して帰ります!!

©2019 Sayoko Sumimoto

この記事を書いた人
住本 小夜子

・育児・教育支援 こころのカウンセラー
・生きる自分への自信を持たせる
 「鍛地頭─tanjito─ 」の副塾長

『愛心×笑顔』
育児の困難さを機に心理学を学び,ペアレントトレーニングをベースとしたオリジナルのコミュニケーション講座を開講。

息子(軽度自閉スペクトラム症+注意欠如・多動症(不注意優勢型))と,娘(定型発達)の子育てに奮闘するシングルマザー。
メンタルケア心理士®(心理カウンセラー),発達障害コミュニケーション初級指導者,文部科学省後援こころ検定®2級合格,訪問介護員2級養成研修課程修了などの資格を有している。

住本 小夜子をフォローする
学問
日々成長!! みんなの〈笑顔〉を引き出す子育て実践ロク

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました