スマートフォンでご覧の場合は,画面の最下部にある「Desktop」をタップし,画面表示を切り替えていただくと見えやすくなります。

〈いのち〉の大切さを知る体験講座

緑の芝生の上に小さな病院と救急車のミニカー
救急車(提供,photoAC)
この記事は約4分で読めます。
Pocket

夏休みも残すところ4日となりました。

昨日(8月25日)は、午前中に小学校の環境整備に参加し、午後からは広島国際大学で子ども向け体験講座を受講してきました。

小学校の環境整備は、結構な重労働ですが、今年も楽しく、みなさんとの会話を楽しみながら作業させていただきました。こどもたちが安心安全に学校生活を送られるようにと願いつつ、現在、上半身の筋肉痛にやられております。(笑)

 1 命を救うお仕事

夏休み最後のイベントとして受講した「子ども向け体験講座」。

今回の講座内容は、【救急救命士のお仕事体験】です。

広島国際大学で開催された子ども向け体験講座(救急救命士のお仕事体験)
救急救命士のお仕事体験

「とにかく体験!!」ということで、2時間の講座時間で1時間50分はずっと動いているという、とても貴重な時間を過ごさせていただきました。

「救急救命士の仕事って何をするのか知ってる?」という問いに対し、手を挙げしっかりと答えていた息子。

 

むすこ
むすこ

苦しんでいたり怪我をしていたりする人を、病院に着くまでに命を助ける仕事だと思います。


どこで知ったことなのか、バッチリな回答でした。

子ども向け体験講座は、基本的に小学生以上が対象。想定どおりに娘が「私もやりたいのに…。」と拗ねてしまったのですが、「じゃあ一緒にやろう!!」と講師の方がマンツーマンで教えてくださいました。本当に助かりました。

広島国際大学で開催された子ども向け体験講座(救急救命士のお仕事体験)
救急救命士のお仕事体験

心肺蘇生法や異物除去、挿管といった医療行為も体験。学科内にある救急車にも乗り、サイレンが鳴っている状態でどのように心音が聞こえるのかを体験してみたり、患者役と救命士役をやりながらストレッチャーの操作をしてみたり。

そんな一生懸命なこどもたちを拝見しながら、自分が救急車で2度搬送された時のことを思い出していました。

さよこ
さよこ

1回目は、肋間神経痛の激痛により車中で身動きが取れなくなった時。
2回目は、息子出産時に個人病院から大学病院へ緊急搬送された時。


いのちを救おうとする人たちの懸命の処置のおかげで、私も息子も娘もここに存在しているのだと感謝の気持ちが溢れました。

こどもたちに加わり、私も疑問に思っていることを講師の方に聞かせていただき、〈いのち〉について、親子で本当にたくさん学ぶことができました。

さよこ
さよこ

もし母ちゃんが倒れたら、〇〇(←息子の名前)と〇〇(←娘の名前)が助けを呼んだり、救急車が来るまでやってくれたりせんといけんのんよ。


とこどもたちに言うと、とても真剣な顔をして頷いていました。

何か咄嗟のことに直面した時、大人でもどうしていいのかわからないことは多々あると思います。

しかし、幼い時から何かしらの経験をしておくことで、「あっ!! そういえばこれやったことある!!」と思い出すことが大切だと講師の方がおっしゃっておられました。

 2 〈生きて働く知識〉とは

咄嗟の出来事に対しての「対処・対応する能力」と、身の回りに生起する数々の問題を解決する「問題解決能力」とは似て非なるものです。

日常生活の中で、さまざまな体験や経験をしながらひとりひとりが学び、それを〈生きて働く知識〉とできてこそ、咄嗟の〈対処・対応〉ができるようになると私は考えています。

何も学ばず、どうしていいのか分からない人に、「目の前に人が倒れているから助けなさい!!」と言って何ができますか? それも、こどもだったら?

広島国際大学で開催された子ども向け体験講座(救急救命士のお仕事体験)
救急救命士のお仕事体験

救急救命講習を受けた人でも、慣れていないとどのように対応していいのかオロオロします。知識を持っていても、それを実際の場面で活用できるようにするには,持っている知識をアウトプットして〈生きて働く知識〉とする必要があるのです。

例えば、保育施設や学校では、避難訓練や防犯訓練がありますよね。この訓練を真剣に取り組んでいるこどもが多いのは、保育所や幼稚園だと言われています。

なぜならば、幼児期は「訓練」だと知らずに訓練を重ねているから、しっかりとその場で〈対処・対応〉できるのです。このような訓練を何度も何度も真剣に取り組むことで知識としてインプットし、遊びなどを通してアウトプットさせ、いざという時のために〈生きて働く知識〉にするのです。

〈いのちを守る〉という大切なことを教えていくのは大人です。その大人が誤った知識で、こどもや周りの大人たちに平然とした態度で教えることは、大きな〈不幸〉をもたらします

こどもたちに何かを求める前に、まずは私たち大人が誤った指導や教育をしないことが重要なのではないでしょうか?

今回、子ども向け講座を受講し、改めて〈いのち〉の尊さを実感しました。
ただ「楽しかった」で終わるのではなく、日常生活にどのように生かしていけるのかを親子でしっかりと考え言語化しアウトプットしていこうと思います。

最後に、集合写真の撮影を快諾してくださった救急救命学専攻のみなさま。

広島国際大学で開催された子ども向け体験講座(救急救命士のお仕事体験)
救急救命士のお仕事体験
さよこ
さよこ

ありがとうございました!!


〈いのち〉を救う立派な救急救命士を目指して、これからも頑張ってくださいね。

広島国際大学で開催された子ども向け体験講座(救急救命士のお仕事体験)
救急救命士のお仕事体験

©2019 Sayoko Sumimoto

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました