スマートフォンでご覧の場合は,画面の最下部にある「Desktop」をタップし,画面表示を切り替えていただくと見えやすくなります。

こんな講座をやりたい!!

クリスタルでできた2体の天使の置物
天使(提供,photoAC)
この記事は約2分で読めます。
Pocket

先日、「子ども未来コース(応用編)」の受講のため、広国市民大学(広島国際大学)に行ってきました。

広国市民大学(広島国際大学)の講座
広国市民大学(広島国際大学)

 1 皆さんと学べる環境に感謝

今回のテーマは【演習形式で学ぶ“成長”を促すコミュニケーション(基本編)】

広国市民大学(広島国際大学)の講座
広国市民大学(広島国際大学)

さまざまな事例をもとに、普段、家庭でどのようにこどもと接しているのかを受講者の皆さんと情報共有・熟議し、教授からご指導していただきました。

「我が家は、こんな取り組みをしてます」「こんなことに困っています」といったお話をしたり聞いたり、それらについて熟議したり。

発達心理学や行動変容アプローチを意識することで、どのように子どもと保護者、家族のラポートが構築され、改善されるのか。そして、保護者の〈在り方〉とは何かを改めて見極めることができました。

皆さんの真剣な表情や笑いに溢れた講座を受けて私が感じたのは、

「こんな全員参加型の講座をやりたい!!」

 2 学びから生まれる新たな〈笑顔〉に向けて

現在、勤務している塾の業務として講座を構想中です。いろいろな資料や情報、体験・経験を元にした親子コミュニケーション講座の組み立てを行っています。

「鍛地頭-tanjito-」の新たな業務,組み立て中
「鍛地頭-tanjito-」の新たな業務,組み立て中

〈理論〉と〈実践〉とを統合した、納得のいく笑顔満載の講座を目指して、資料の作成を行っています。
参加してくださる方々が、「来てよかった」「また行きたい」と〈心のおみやげ〉を持って帰られることが大前提の講座にします。

当塾で教職教養の仕事に携わり、本当に沢山のことを一緒に勉強させていただいておりますが、中でも最近、授業を展開するために「学習指導案」がいかに重要なものかを痛感しております。

「学習指導案」は、船や家を建てる「設計図」と同じですからね。きちんとした「学習指導案」が書けていないと、船は沈み家は倒壊します。

眼前の受講者様に失礼のない、質の良い講座を私はやりたい!!
いや、「やりたい」のではなく「やる!!」

だから、私も講座の指導案を作成し、「より良いものを」と日々思考を巡らせております。

「教育ママ」というふうに思われている間違ったイメージが少しずつ払拭されている中(笑)、「こんな講座みたことない!!」という感動をお届けし、中身の充実した講座を創り上げていこうと思います。

さあ、今日も資料とにらめっこしながら、残りのお仕事を頑張ります!!

広国市民大学(広島国際大学)のホームページ画像
広国市民大学(広島国際大学)のホームページ

©2019 Sayoko Sumimoto

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました