スマートフォンでご覧の場合は,画面の最下部にある「Desktop」をタップし,画面表示を切り替えていただくと見えやすくなります。

夏休みはイベントがいっぱい!!

祭りの出店をバックに,「祭」と書かれた赤い団扇
祭りの風景(提供,photoAC)
この記事は約3分で読めます。
Pocket

昨日は、午前中に広島国際大学で開催された「子ども向け体験講座」を受講し、夜は小学校区の自治会で開催された盆踊りに参加しました。

 1 子ども向け体験講座

今回受講したコースは【動くスライムを作ろう!!】です。
実験の目的は「磁石のはたらき」。レジメに記述されている実験の目的を「読んでくれる人〜」と呼び掛けられ、私が息子の肘をポンと軽く叩き手を挙げた息子(笑)。しっかりと読み上げることができました。

広国市民大学 子ども向け体験講座
動くスライムを作る息子

スライムの材料の1つである「ホウ砂を溶かした水溶液」について、「直接口に入れるとショック死を起こす可能性があるので、絶対に口に入れないでください!!」と、教授から全体に注意を呼びかけられました。なんだかすごい実験をしているのだなと、実験室全体が緊張に包まれた瞬間です。

スライム作りはとにかく混ぜる!!
「まぁ〜、1000回くらいかなぁ〜。」と教授がおっしゃられ、
「1000回?!?!?!?!?!」
と言う声が、あちらこちらから聞こえていました。

広国市民大学 子ども向け体験講座
動くスライムを作る息子

今回の講座では、「磁石に惹きつけられるお金はどれでしょう?」というクイズもありました。

1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、1000円札。
さあ〜、どれかひとつだけ磁石に引き付けられるものがあります。どれでしょう〜。

答えは…「1000円札」
理由は、お札の偽造を防ぐため、数字の部分などに使用されているインクに少しの鉄が含まれているから。

講座終了後、特別に、磁石にお札が引き付けられるところを動画撮影させていただきました。ありがとうございました。

残す体験講座は、残り1回。次回はどんな体験をするのでしょうか?

 2 盆踊りに参加

18時30分過ぎに会場となったお寺に向かいました。今回も、子どもたちは甚平を着て、私は浴衣を着て行きました。娘と私はお揃いの髪型です。

自治会の盆祭りに参加する母子
家族で盆祭りに参加

とてもお世話になっている自治会なのですが、イベントや集まりがあるときは必ずお声をかけてくださいます。 盆踊りは初めて参加させていただいたのですが、たくさんの方に顔も名前も覚えていただいており、嬉しい限りでした。

「ここ手伝ってくれんか〜」と、急遽、助っ人として店番をしたり(笑)、「誰か手伝ってくれ〜」と言う声に反応してビンゴ大会の助っ人として入ったり。皆さんのお役に立てる喜びを、心身ともに感じることができました。

櫓を囲んだ盆踊りも、参加されている皆さんと楽しく踊らせていただきました。熱中しすぎて、踊っているところの撮影を忘れてしまいましたが… ( ̄▽ ̄;)

盆踊りを終えてからは、最後まで片付けを手伝い、こどもたちも一緒に頑張ってくれ感謝感謝です。

帰宅し荷物を片付けていると、なぜかヨーヨーが3つあったり、ビンゴ大会で当てた商品が1つ足りなかったり(笑) 何がどこでどうなったのか、全く分かりません(笑)

自治会の盆祭りに参加する母子
家族で盆祭りに参加

次の大きな行事は秋祭り。

少しずつ確実に、この地に「住本」という存在が認知されています。それは、地域の方々との繋がりがあってこそです。私たち母子を、温かく受け入れてくださる地域の皆さまに、心より感謝申し上げます。

そして、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

©2019 Sayoko Sumimoto

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました