スマートフォンでご覧の場合は,画面の最下部にある「Desktop」をタップし,画面表示を切り替えていただくと見えやすくなります。

「生きていて良かった☆彡」

水際でジャンプする若者たち4(提供,photoAC)
水際でジャンプする若者たち4(提供,photoAC)
この記事は約4分で読めます。
Pocket

スマートフォンでご覧の場合は,画面の最下部にある「Desktop」をタップし,画面表示を切り替えていただくと見やすくなります。

先日,広島県東広島西条下見地区で開催された地域イベントへ行ってきました。
たくさんの方々との新たな出会いやご縁に加え,息子のちょっとした行動からサプライズな出来事が!!

 1 たくさんの〈ご縁〉をいただきました

第一回 下見フードフェスタ

SNSで偶然,目にしたポスター。
「カープ選手も来るよ!」という表記も気になり,昨日「第一回 下見フードフェスタ」へ行ってきました。

「地域」と「広大生1)広島大学の学生」との交流を主にしたイベントで,ポスターに書かれている通り,たくさんの広大生さんや地域の方々との〈ご縁〉でつながることができ,本当に嬉しい限りです。

広大生のみなさんのお話を聞かせていただいていると,内から湧き上がる行動力・創造力・コミュニケーション能力など,若さ溢れるものすごいパワーを感じました。

私もまだまだ負けていられませんね!!
夢の実現に向け,アグレッシブにいこうと思います。


息子と娘は,自分たちで買い物をしたり,ワークショップで広大生のお兄さんお姉さんに指導をしていただきながら創作をしたりといろいろ楽しみました。

第一回 下見フードフェスタ
国際交流コーナーで海外のおもちゃで遊ぶこどもたち
第一回 下見フードフェスタ
東広島市公認マスコットキャラクター「のん太」

「イベント会場からは出ないように!!」という約束をして,こどもたちも自由に楽しみ,満足したようです。
決められた金額のお小遣いを手に,どのように使っていくのかを考え計算しながら買い物も楽しんでいました。

むすこ
むすこ

残り100円!!
何に使うか考える!!

と私に言って,こどもたちは手をつないでどこかへ。
ふと気が付くと,ワークショップの椅子に兄妹が並んで座り何か作っている…。

明らかにお金が足りていないだろうと確信した私はワークショップに駆け寄り,料金をお支払いしました。(ご迷惑をお掛けし,すみませんでした。) 善意で創作をさせてもらっていたこどもたちも頭を下げ,広大生さんのお心遣いに感謝しかありません。

創作を終えた息子と娘に話をして,「お金が足りない時はどうするのか?」もしっかりと学べる機会となりました。

 2 サプライズに大興奮!!

イベントのポスターに「カープ選手も来るよ!」と表記されていたのですが,会場に行くまで誰が来るのか全く知りませんでした。

会場に到着したと同時にステージから聞こえたのは

松山選手と小窪選手が来ます!!

「ほんとに?!」と少し疑いましたが(笑),すぐさま「わくわく」に♬
会場に入って5分後,両選手がステージに登場されました。

第一回 下見フードフェスタ
広島東洋カープの松山選手(左)と小窪選手(右)

早い時間に来場された方は両選手に聞きたいことを「質問ボックス」に投稿していたようです。トークの最後に質問コーナーがあり,来場者の方々の質問に答えられていました。

そして最後に,「会場にいらっしゃる,他に聞きたいことがある方はいませんか~?」とMCの女性が呼び掛けられ,それに反応したのは息子一人。すると,「折角なのでステージへどうぞ☆」と手招きされ,息子は緊張しながらステージへ上がりました。

小窪選手のお心遣いに,見ている私もホッコリ♬
とても貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

「緊張した」という息子でしたが,

むすこ
むすこ

生きていて良かった~☆彡

と,満面の笑みで嬉しそうにしている姿は,私も見ていて幸せでした。

さよこ
さよこ

松山選手
小窪選手
本当にありがとうございました。


自宅とは少し離れた地区のイベントでしたが,足を運べば,そこはそこでの〈ご縁〉があるものなのだと実感しました。積極的にアプローチすることの大切さを,息子の姿を見て学びました。活気と意欲溢れるパワーから,明るい未来を創造することができました。

もう少し先になりますが,私も直接みなさんと対面をしながら活動をしていこうと,今必死で取り組んでいることがあります。〈つながり〉を大切にして,みなさんを心から笑顔に導けるよう,今日も専門書に囲まれPCとにらめっこです。

第一回 下見フードフェスタ
地域盛り上げ隊『たのした』さんのTwitterより
第一回 下見フードフェスタ
松山選手&小窪選手と記念撮影

©2019 Sayoko Sumimoto

References   [ + ]

1. 広島大学の学生
この記事を書いた人
住本 小夜子

・育児・教育支援 こころのカウンセラー
・生きる自分への自信を持たせる
 「鍛地頭─tanjito─ 」の副塾長

『笑顔×笑顔』
育児の困難さを機に心理学を学び,ペアレントトレーニングをベースとしたオリジナルのコミュニケーション講座を開講。

息子(軽度自閉スペクトラム症+注意欠如・多動症(不注意優勢型))と,娘(定型発達)の子育てに奮闘するシングルマザー。
メンタルケア心理士®(心理カウンセラー),発達障害コミュニケーション初級指導者,文部科学省後援こころ検定®2級合格,訪問介護員2級養成研修課程修了などの資格を有している。

住本 小夜子をフォローする
地域・イベント
日々成長!! みんなの〈笑顔〉を引き出す子育て実践ロク

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました